« バシャール:失敗の真実 | トップページ | バシャール:統合失調症 »

2017年2月 6日 (月)

バシャール:期待する事

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12244747021.html?frm_src=favoritemail

言われた事に腹を立てたり傷ついたりする経験は、誰にでもあるでしょう。同じ事でも、あの人に言われると腹が立たないのに、あの人だと腹が立ってしまう。こういった場合は一体どこに線引きがあるのでしょうか。なぜ同じ事でも、人が変われば受取り方も変わってきてしまうのでしょうか。

まず腹が立つ原因は、言われた事に対して”そうかもな”と受け入る部分があるからです。そうでなければ、ネガティブな反応が起こる事はありません。例えば愛する猫を可愛がる貴方に、なんだかんだ言う人がいても貴方は何とも感じません。好きだという気持ちに全く嘘がないから、反応はニュートラルです。しかし、愛する恋人からなんだかんだ言われるとなると、貴方は黙っちゃいられません。腹立ちが倍増し、不愉快な気持ちになってしまいます。なぜかと言うと、そこには恋人に対して”期待”があるからなのです。

期待する事は別に悪い事ではありません。ただ、最終結果を決定してしまうような”期待”の持ち方は、やってくる波動の扉を狭めてしまい、期待する現実はなかなかやてくる事はありません。

ネガティブフィルターで期待する事=執着心、嫉妬心

ポジティブフィルターで期待する事=願望、デザイヤー

このように、期待を持つ時の貴方の”あり方”によって、執着心にもなるし、強いデザイヤーにも変化する事を意味しているのです。ここでもう少し掘り下げて考えてみましょう。

嫉妬心のフィルターで行動に移す=例えば、好きな人を追いかけるストーカーはこの部類になります。

デザイヤーのフィルターで行動に移す=ワクワクとなります。

ポジティブフィルターでの期待(デザイヤー)は、貴方のワクワクでとなって、次から次へと素晴らしい現実へ誘ってくれます。ポジティブな期待(デザイヤー)を大いに行動へ移してゆきましょう!そして一緒に歩んでゆきましょう!

« バシャール:失敗の真実 | トップページ | バシャール:統合失調症 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64858338

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:期待する事 :

« バシャール:失敗の真実 | トップページ | バシャール:統合失調症 »