« バシャール: ポジティブ地球行き | トップページ | バシャール:創造エネルギー »

2016年12月22日 (木)

バシャール:貴方の先生 (ペット)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12230807208.html?frm_src=favoritemail

ペットとして動物を飼うようになったのはアトランティス時代からだとバシャールは話していますが、最初に家畜化された動物はイヌではなく、ネコであったと話しています。イヌの起源はオオカミという事もあって、群れて行動する存在です。それゆえ、”主”となる波動、この場合”飼い主”の波動を自分の波動として取り込んでゆく性質があるので、どんどんイヌの人間化が進んでゆく原因となります。

一方ネコはイヌと違ったまた別の存在である事が言えます。ネコからしてみれば、自分たちはペットとして家畜化されている意識は全くなく、それよりもヒトと共存していると考えているのだとバシャールは話しています。一体これはどういった事を意味しているのかというと、人間と一緒に生活している方が”都合が良い”と考えている事にあるのです。

ペットは私達よりもずっと劣る存在であると考えられがちですが、実際にはペットが私達の”先生”である事が言えるのです。彼らの”目”を通して高次の世界を垣間見る事が出来るようになるだけでなく、望みを”引き寄せる”時に一番大切な事、すなわち、99%の私達が実行できていない”受け入れる事”の大切さを教えてくれています。ペットの行動を抑制したり調教するよりも、まず彼らが追い求める”ワクワク”を感じ取り、それに真っ直ぐ突き進む”ひたむきさ”を学びとってみましょう。ほとんど100%の確率で貴方のペットはワクワクの波動域に生きているのです。つまり、貴方のペットはポジティブ地球行きの列車に難なく搭乗している事を意味しています。

« バシャール: ポジティブ地球行き | トップページ | バシャール:創造エネルギー »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64657904

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:貴方の先生 (ペット):

« バシャール: ポジティブ地球行き | トップページ | バシャール:創造エネルギー »