« バシャール:反応 | トップページ | バシャール:やってくる”助け” »

2016年12月26日 (月)

バシャール:ちょっとだけ異なる次元

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12232062963.html?frm_src=favoritemail

初期の頃でのハイブリッド計画では、インプラントが体内に埋め込まれたりと、体に不思議な傷や痕を見て取る事が出来ましたが、最近では私達に”分からない”ような方法でインプラントが利用されているのだとバシャールは話しています。これらのインプラントは別に危険でもなんでもなく、ただ単に貴方の行動や意識の変化をモニタリングする事にあるのです。また時として、コミュニケーションツールとして使用される事もあり、貴方の意識に”違和感”を残すものではない事を知ってください。

多くの私達は、高次的存在との交流を覚えている事はあまりありませが、時として金縛りの後に高次的存在が出現する、という体験をする事があります。高次的存在は、私達が存在する次元よりも”ちょっとだけ異なる次元”で活動しています。よって、貴方を必要な時に”ちょっとだけ異なる次元”へと呼び出します(貴方の承諾のもと)。しかし、貴方はその次元内でどのように体を動かしてよいか分かりません。よって、体が硬直して動けなくなる、という現象を体験するというわけなのです。また、貴方がたとえ自由に動けたとしても、他の次元に飛んで行ってしまわないようにする目的もあるのだと、バシャールは話しています。

ハイブリッド計画の一部である私達スターシードは、数名のハイブリッド・チルドレンを持ちます。貴方の遺伝子は、最小で15%以下、最高で85%以上の遺伝子が適用されています。よって、貴方の遺伝子を受け持つ子供達の数は、本当に多い事が理解できるでしょう。もしも80%以上の遺伝子が利用されている子供だけに限定するならば、貴方の持つハイブリッド・チルドレン数は、平均すると5-7名であると、話しています。いずれにせよ、彼らと一緒に生活を共にするのも、時間の問題となるでしょう!

« バシャール:反応 | トップページ | バシャール:やってくる”助け” »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64677751

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:ちょっとだけ異なる次元 :

« バシャール:反応 | トップページ | バシャール:やってくる”助け” »