« バシャール:ルティーン | トップページ | バシャール:肯定の法則 »

2016年10月13日 (木)

バシャール:両極関係

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12209171599.html?frm_src=favoritemail

貴方が今ここに”存在”するというだけで、私達の社会に100%の影響を与えている事は間違いありません。という事はワクワクを行動に移すだけで、その力をさらに大きく倍増させる事が可能ではないかと一般的に考えられがちですが、バシャールは次のように答えています。

ワクワクを行動に移す事とは、もともとある100%の影響力パワーをフルに活用する事を意味しています。つまり、私達は脳の働きを100%使ってたった10%しか起動していないよう見せかけているように、同じ矛盾した方法で、もともと100%ある機能に蓋をし、あたかも影響力がほとんどないよう自分で自分の能力に蓋をしている事にあるのだと、バシャールは説明しています。そして貴方のワクワクこそが、その蓋を押しのけ、貴方という”存在”を100%吐出させる”キッカケ”というわけなのです。

貴方が”ありのまま”の貴方でいる時、100%の影響力のもと、初めて貴方の周りに何かを”与える”事が出来るパワーを手に入れます。何かを”与えたい”と想うその波動の裏側には、コインの裏表のように、それを受け取る”受け取り側”が必ず存在しています。つまり、ワクワクを発信したいと想うその反対側には、世界のどこかに貴方のワクワクを受け取りたいと願う”受け取り側”が存在している事を意味しているのです。そうでなければ、ワクワクを発信したいという欲求が誕生する事がないでしょうと、バシャールは話しています。

« バシャール:ルティーン | トップページ | バシャール:肯定の法則 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64342363

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:両極関係 :

« バシャール:ルティーン | トップページ | バシャール:肯定の法則 »