« バシャール:最高の人間性 | トップページ | バシャール:無限にアクセスする事 »

2016年10月18日 (火)

バシャール:天才

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12210480213.html?frm_src=favoritemail

歴史的天才であるアインシュタインやダ・ビンチは一体どんな人物だったのでしょうか。天才と呼ばれる彼らの頭脳は、一体私達とどのような違いがあるのでしょうか。彼らの生い立ちが特別なものだったのか、または超越した能力が初めから備わっていたのではないか、といった疑問点が多く残されていますが、本当のところはどうなのでしょうか。バシャールは次のように答えています。

彼らは天才と言えど、私達となんら変わりのない普通の人であったと話しています。しかし天才と凡才の”違い”は一体どこで生まれるのかというと、それは物事の捉え方(視点)に鍵があるのだとバシャールは話しています。つまり天才と言われる彼らには、一般概念に拘らない柔軟さが備わっています。たとえ90%の人たちが白だと言う事を、天才は一般概念を打ち破る発想で物事を捉える事が出来る人たちなのです。ですから天才とバカは紙一重とはよく言ったもので、捉える人によっては”キチガイ”じみた発想にしか思えない事でも、実際にはヒトの進化に関わる大きな発見だったりするわけなのです。

天才と呼ばれる彼らは、凝り固まった信念またはフィルター(蓋)を既に取っ払ってしまっているので、あらゆる高質の波動にアクセスする事が出来るのだとバシャールは話しています。世界をアッと驚かせるような発想を展開し、人間業とは思えない斬新なアイデアは他の誰にも真似する事が出来ないかもしれません。それも彼らは上手にワクワクの流れに乗かって質の高い波動を掴んではダウンロードし、掴んではダウンドードを繰り返している事にあるのだと、バシャールは話しています。いずれにせよ貴方も自分のワクワクに対して、天才になり得る可能性を十分持っているのです。あとはワクワクの流れに任せ、自由な視点で物事を捉えてゆきましょう。そうする事で、貴方の天才度はどんどん増加してゆく事でしょうと、バシャールは話しています。

« バシャール:最高の人間性 | トップページ | バシャール:無限にアクセスする事 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64363696

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:天才 :

« バシャール:最高の人間性 | トップページ | バシャール:無限にアクセスする事 »