« バシャール:スタンダード | トップページ | バシャール:”ブレンド”の方程式 »

2016年9月25日 (日)

バシャール:空洞説

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12203401961.html?frm_src=favoritemail

昔から地球空洞説を肯定する人たちがいますが、実際はぎっしりと中身の詰まった球体であって、地球は空洞ではないと、バシャールは断言しています。ただ、地下に異次元へ続く”扉”があり、そこを通って異次元の世界へ訪れた人たちがまるで地底に世界が広がっていると勘違いした事にあるのだと話しています。

地球の地殻とマントルには氷で覆われる場所があると言われていますが、それについてバシャールは以下のように説明しています。厳密に言うと、地殻とマントルに”氷”で覆われる場所はありません。しかしながら”氷”でありながら熱を発する物質が存在していると、話しています。これがどういった事を意味しているかというと、地球の地殻とマントルには、分子が凍結して分子の動きが非常に遅い、もしくはほとんど動かない状態の物質が存在しています。この物質は構造的に言うと凍結していながらも、波動的には”熱”を発しているので、私達には”熱”として体感する物質というわけなのです。

太陽系内の惑星や月にも、この手のタイプの物質を持つ惑星がたくさん存在していると、バシャールは話しています。いずれにせよ、一般的な常識からかけ離れた物質がどんどん発見されてゆくようになるでしょうと、バシャールは話しています。

« バシャール:スタンダード | トップページ | バシャール:”ブレンド”の方程式 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64253847

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:空洞説:

« バシャール:スタンダード | トップページ | バシャール:”ブレンド”の方程式 »