« バシャール:更新する | トップページ | チャクラ・ポイント »

2016年9月 8日 (木)

バシャール:認知症の意味

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12198005854.html?frm_src=favoritemail

後天的な脳の障害に認知症がありますが、現在の時点で65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が発病すると言われている疾患です。最近になって発症率が高まってきていると言われている認知症ですが、認知症患者は物質界の”現実”から遠く離れた”場”に意識を持つようになるので、現実では到底在りえないことを信じ込んだり、何年も前に亡くなった家族と話したりと、周囲の人たちを困惑させてしまいます。しかしバシャールは以下のように答えています。認知症は、非物質界に戻る際の”ショック”を和らげる作用があり、物質界から非物質界(魂の世界)へシフトする時のクッションのような役目をしてくれているのだと、話しているのです。

家族からしてみれば、どうにか”現実”に戻ってきて欲しいと願うのは当然の事かも知れません。しかし本人からしてみれば、非物質界の元来た世界へ戻るために、現実と呼ばれる世界から少しずつ丁寧に”意識”を遠ざけている事にあるのです。

認知症が発病すると、物質界と非物質界の”境目”が曖昧化してゆきます。それだけ意識の流れが自由になるので、まるで子供のような軽快な発想が誕生するようになります。また、過去や未来といった時間のコンセプトも曖昧化してゆくようになるので、過去にあった事をたった今起こった事のように感じる事が出来るのだと、話しています。

« バシャール:更新する | トップページ | チャクラ・ポイント »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64175595

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:認知症の意味 :

« バシャール:更新する | トップページ | チャクラ・ポイント »