« バシャール:退屈から | トップページ | バシャール:共存する存在 »

2016年8月21日 (日)

バシャール:双極性障害

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12192067401.html?frm_src=favoritemail

双極性障害とは躁鬱をシーソーの如く繰り返す精神疾患を表していますが、私たち人間は多かれ少なかれ、これらの疾患の”特徴”を持っていることを知ってくださいと、バシャールは話し始めます。普段の生活の中で簡単に心の浮き沈みは体験する事が出来ます。心がリラックスして楽しい気持ちでいる時や、心が収縮してネガティブでいる時など、様々なシチュエーションで”双極”を体験している事を意味しているのです。

双極性障害は、心の浮き沈みが極端に大きく、まるで終わりのないジェットコースターに乗っているような”落ち着かない”心の状態が続きます。人生はすべて自分自身が創造しているとバシャールは話していますが、こういった精神疾患から何を学びとる事が出来るのでしょうか。

まず”全て”は必然であって、常に目的を持っているという事を理解する必要があるでしょうと、バシャールは話しています。双極性障害は、一般の人が持つシーソーよりも大きく長いシーソーを持ちます。ですから、それぞれの極から得る波動は誰よりも多く、躁状態の”頂点”がとても高い位置に持つ人たちでもあるのです。つまり、ワクワクの波動の頂点が誰よりも高いポイントにあるので、喜びを感じる度合いも人一倍になる事を意味しているのです。

鬱が訪れるのは、自分が知る”頂点”から外れてしまった自分に嘆き悲しむからです。ワクワク波動を誰よりも愛し、誰よりも戻りたいと願う人達なのだとバシャールは話しています。

« バシャール:退屈から | トップページ | バシャール:共存する存在 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64089076

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:双極性障害 :

« バシャール:退屈から | トップページ | バシャール:共存する存在 »