« バシャール:チャネリングの質 | トップページ | バシャール:地球人の想い »

2016年8月23日 (火)

バシャール:ブラッグ・リーグ

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12192958202.html?frm_src=favoritemail

ネガティブなオリオン文明社会に真っ向から抵抗する組織団体を、自ら”ブラッグ・リーグ”と呼んでいますが、彼らはオリオン文明勢力に対して”火”でもって対抗していたとバシャールは話しています。しかし、火に対して火で対応するという事は、更に大きな火を誕生さてしまう事を意味しているので、この事に気がついた一部のオリオン文明の人達によって”水”の要素が導入されたのだと、バシャールは話しています。これによって火の鎮火と共に、波動バランスの安定化を試みたのだと、バシャールは話しています。

無条件の愛の波動こそが、ネガティブからポジティブへとシフトさせる波動であるという事に気がついたオリオン文明の一部の人達は、長い時間かけてやっとネガティブからポジティブ波動域へとシフト成功させたのでした。つまり、リラ文明、シリウス文明、プレアデス文明の三つの文明のポジティブ波動を導入する事で、火の鎮火に成功したというわけなのです。

”光”にシフトを果たしたオリオン文明の一部の人達は、後にリラ文明、シリウス文明、プレアデス文明の三つの文明のうちのどれかに輪廻転生を果たし、ネガティブ社会に残る彼らが、きちんと”光”へシフト出来るよう、”外側”からアプローチをかけた事にあるのだとバシャールは説明しています。
 

« バシャール:チャネリングの質 | トップページ | バシャール:地球人の想い »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/64101030

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:ブラッグ・リーグ :

« バシャール:チャネリングの質 | トップページ | バシャール:地球人の想い »