« バシャール:過去生・未来生の自分 | トップページ | バシャール:長寿のメカニズム »

2016年7月22日 (金)

バシャール:エササニ教育プログラム

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12182995073.html?frm_src=favoritemail

バシャールの住む世界は、最高のワクワク波動を基盤にして構築された、完璧なシンクロの世界であると話しています。学びたい事や体験したい事等、それらの“全て”がベストのタイミングでやってくる世界です。しかし過去のササニ社会には、子供にシンクロのシステムを教える”教育プログラム”が存在していた話しています。

ササニ文明の教育プログラムは3つのパートに分かれています。まず最初に、子供達が安全にシンクロ社会を体験出来るよう、環境を整えてあげる必要があるでしょうと、バシャールは話しています。ここで理解して欲しい事は、子供達は”体験”を元に経験を積んでゆく点です。私達の教育プログラムと違って、机の上に教科書を広げてお勉強するわけではなく、心と体の全てを使って学んでゆく事を意味しています。

プログラム1:子供達が安全かつ具体的な体験が出来るよう、環境を整えます。好ましい環境とは、この場合、相互的に情報のやりとりが出来る”対話形式/インターアクティブ”な環境である事です。そして自分自身や他人を傷つける事なく、自分の選んだ選択によって様々な”結果”がはじき出される方法を習得してゆきます。

プログラム2:”現実”の世界と自分自身との相互関係について習得します。シュミレーションを使って自分自身をその状況に置き、どういった結果を招いてゆくのか、どういった可能性を秘めているのか等、様々な角度から研究実行してゆきます。例えば信念Aを持つ人が選択Aをした場合と、信念Bの信念を持つ人が同じ選択Aをした場合の、異なる体験を分析してゆきます。

プログラム3:教育プログラムの範囲内でワクワクを見つけるのではなく、子供達のワクワクを使って教育を進めてゆきます。

これらの3つの教育プログラムを実施する事で、ササニ文明の完璧なシンクロの世界が完成していったのだと、バシャールは説明しています。
 

« バシャール:過去生・未来生の自分 | トップページ | バシャール:長寿のメカニズム »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/63949545

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:エササニ教育プログラム :

« バシャール:過去生・未来生の自分 | トップページ | バシャール:長寿のメカニズム »