« バシャール:手間隙の意味 | トップページ | バシャール:これからの地球 (イルカ・クジラ類) »

2016年6月15日 (水)

バシャール:ワンダラー (さまよい人)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12170809288.html?frm_src=favoritemail

現在の社会には沢山の”ワンダラー”(さまよい人)が地球を訪れているのだとバシャールは話しています。”ワンダラー”とは、花から花へとミツバチが飛びかうように色んな世界を旅する”存在”を表します。その土地に対する執着心がない変わりに、目新しい”情報”を求めてさまよいます。ですから、様々な文化や知識を吸収してパッと離れていく、そういった存在が”ワンダラー”というわけなのです。

そうかと言って”ワンダラー”は放浪者というわけではありません。彼等はその場その場で学ぶ”気付き”を元にして、様々な”進化の過程”を体験してゆきます。くの”ワンダラー”は短命であったり、凄まじい人生を体験したりと、そこに住む人達に大きなインパクトを残してゆく存在でもあるのだと、バシャールは話しています。ですから”ワンダラー”とは、新しい独特のアイデアを誕生させる助けをしてくれる、”刺激的”な存在という事が言えるのです。

また、地球上全ての”生命”に興味を持つ”ワンダラー”は、地上スタッフであるスターシード達と共に地球の波動上昇を助けている存在でもあるのだと、バシャールは話ています。彼等の軸となるフォーカスは、”統合波動”を発信する事にあるです。つまり、”一体感”といった”無条件の愛”の波動を伝達し、その波動を回してゆくスターシード達と共に動いてゆく存在というわけなのです。
 

« バシャール:手間隙の意味 | トップページ | バシャール:これからの地球 (イルカ・クジラ類) »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/63779763

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:ワンダラー (さまよい人):

« バシャール:手間隙の意味 | トップページ | バシャール:これからの地球 (イルカ・クジラ類) »