« バシャール:3つ目のエネルギー | トップページ | バシャール:意外性の発見 »

2016年6月22日 (水)

バシャール:削ぐわない焦点 (を手放して魂のピュアな状態へ)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12173169130.html?frm_src=favoritemail

以前の”苦しみ”や”悲しみ”の体験にアクセスするには、それらの体験を”思い出す”事で呼び起こす事が出来るのだと、バシャールは話しています。波動の世界で言うと、”焦点を合わせる”という言い方で表現する事が出来ますが、これらの”焦点”は、地球人として生活する”現在”の貴方の中でずっとずっと生き続けてゆく波動でもある事を理解して下さいと、バシャールは話しています。つまり、貴方が魂の世界へと舞い戻る時、貴方の波動に削ぐわない”焦点”はその場で手放され、地球に残されてゆく事を意味しているのです。

地球上に存在していた(る)“全て”の人物の意識は、今もこの地球に残されている事を知って下さいとバシャールは話しています。しかしここで理解して欲しい事は、魂の世界へ旅立った”魂”は、削ぐわない”焦点”を手放している時点で100%ピュアでポジティブな存在となります。それはヒトラーであろうと、ガンジーであろうと変わりは無いという事を知って下さいと、バシャールは話しています。

例えば、中には恐ろしい事を言って怖がらせたりする霊媒師がいますが、それらの波動は、とうの昔に手放された波動、つまり、手放された”残像”のエネルギーにアクセスしています。従って”現在”のピュアな魂にアクセスしている情報では無い、という事が言えるのだとバシャールは説明しています。

自分以外の波動を手放して身軽になるという事は、文字通り心身共に軽くなって元のピュアでポジティブな貴方に近づいてゆく事を意味しています。私達は死を体験せずに、”生きたまま”ピュアでポジティブな自分へとシフトしている最中なのです。このプロセスを私達は、アセンション(気付きのプロセス)と呼んでいるというわけなのです。
 

« バシャール:3つ目のエネルギー | トップページ | バシャール:意外性の発見 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/63813767

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:削ぐわない焦点 (を手放して魂のピュアな状態へ):

« バシャール:3つ目のエネルギー | トップページ | バシャール:意外性の発見 »