« バシャール:シャーマン (幽体離脱でエササニへ) | トップページ | バシャール:プラットフォーム »

2016年5月11日 (水)

バシャール:数術(ヌメロロジー)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12159155271.html?frm_src=favoritemail

時間や車のナンバープレート、レシート番号やチケット番号等、数字を見る機会は本当に多いものですが、言葉も波動の1つであるように、数字1つ1つにもそれぞれ特有の波動が存在しているのだと、バシャールは話しています。数字がダブルに重なる場合や、トリプルに重なる場合はそれだけ”パワー”が大きい事を意味しています。*下記に基本となる数字の意味を記載しますが、受け取る側の波動域によって実際に経験する体験も変わります。

1=新しい出発を表します
2=二面性(例えば、男・女/白・黒/上・下/拡張・縮小 etc…)、統合や結合
3=ニュートラル・バランス・ポイント→本当の意味で”変化”を可能にさせる”軸”となるポイント
4=地球を表す数字で、物の構造や仕組みを表す
5=変化や移行を表す数字、人間を表す数字
6=バランスを表す数字で、夢と現実とのバランスを司る数字
7=神聖や神秘
8=力、権力、バランス、ポータル(扉)、エネルギーの流れ
9=物事の終わりと始まり、成熟する事、完全版

このように、数字1つ1つにもそれぞれ意味がある事が理解出来ると思いますが、今までの歴史的重大事件を調べてゆくと、その発生や影響を数術等で簡単に説明する事が出来るのだと、バシャールは説明しています。例えば9.11事件について、以下のように説明する事が出来ます。

2011年9月11日=4の年(2+1+1)→構造+人間を表す5を足して=9が誕生する。9→物事の終わりと始まり、11=2→二面性
 

« バシャール:シャーマン (幽体離脱でエササニへ) | トップページ | バシャール:プラットフォーム »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/63613048

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:数術(ヌメロロジー) :

« バシャール:シャーマン (幽体離脱でエササニへ) | トップページ | バシャール:プラットフォーム »