« バシャール:女性ホルモン (バランスにはドンカイ) | トップページ | バシャール:手放す事とは (感情を中立に見る) »

2016年4月24日 (日)

バシャール:ワクワクの対象

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12153404014.html?frm_src=favoritemail

物質界を去った後でも、貴方は今までと“同じように”ワクワクに興味を持ち続けてゆくという事を今一度理解して下さいと、バシャールは話しています。詰まり、ありのままの貴方を表現する波動の”種類”は全く変わる事は無い事を意味しているのであって、波動の”温度または濃度”が低いか高いか、といった”差”が発生するのみであると、説明しています。

もっと簡単に言うと、貴方の興味が湧く”対象”はちょこちょこと変化してゆきますが、基本となるワクワクの波動の”種類”は変わる事はありません。例えば、バシャールのワクワクはコミュニケーションです。コミュニケーションというワクワク1つ取っても音楽で表現出来たり、絵で表現したり、お話や教えやダンス等、体を使って表現するコミュニケーション方法であったりと、本当に表現方法は無限に存在しています。ただ貴方がしっくりとくる方法を”自分なり”に発見してゆけば良いだけなのだと、バシャールは説明しています。

一旦物質界を去り、魂の存在に戻った貴方は、物質界のワクワクを”違った形で”引き続き続行してゆくようになります。例えば、インスピレーションを与えて素晴らしい小説を書く手助けをしたり、最新のテクノロジーのアイデアを発足したりと、私達は非物質界の住人(魂)と一緒にタグを組んで動いているのだと、話しています。要するに物質界と非物質界の両方からの動きによって、私達の住む物質界は創造して創られているという事が言えるのです。
 

« バシャール:女性ホルモン (バランスにはドンカイ) | トップページ | バシャール:手放す事とは (感情を中立に見る) »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/63529666

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:ワクワクの対象 :

« バシャール:女性ホルモン (バランスにはドンカイ) | トップページ | バシャール:手放す事とは (感情を中立に見る) »