« バシャール:次元上昇と目覚め (2050年までには) | トップページ | バシャール:揺るぎない自分 »

2016年2月20日 (土)

バシャール:前進と後退 (頭を空っぽに)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12130349251.html?frm_src=favoritemail

ヒトは何も考えていない頭の状態よりも、何かしら考えを巡らせている方が安心感を感じる傾向がありますが、それは一体なぜなのでしょうか。ネガティブな考えを持っている方が、頭が空っぽよりはマシだろうと考えるのは何故なのでしょう。何かが起きた時に速攻で対応出来るよう、頭を活性化し”準備”を整えておこうとするそのメカニズムは一体何故なのでしょうか。

バシャール曰く、それは貴方の”生存競争スイッチ”がオンになっている事を意味していると話します。このスイッチがオンだという事は、思考が”アンテナモード”になっておらず、高次の情報を跳ね返してしまう波動域にいる事を意味しています。しかも”不足モード”で物事が引寄せられてくる事を意味しているので、どんどん”足りない”波動が浮き彫りにされてくるようになります。

何も思考を巡らせずリラックスする事、心地よい雰囲気に心を浸してボンヤリする事は、ネガティブな思考を巡らすよりも“遥かに”ポジティブな事であると、バシャールは説明します。詰まり、ネガティブな思考を巡らせるという事は、その波動内に”低迷”する事を意味していますが、何も考えない=ネガティブな抵抗感が”0”=ニュートラル という事になり、従って何も考えていない頭の状態の方が、確実に”前進”を意味しているのです。

私達は自動的に、ゆっくりではありますが”進化”を遂げています。宇宙は常に”拡張”しているように、”私達”も常に拡張し続けているのです。ですから、何も考えない=抵抗する波動が0という事は、何もせずとも進化の波に乗れる事を意味しているのです。貴方のネガティブな波動が自然な進化の流れを塞き止め、貴方のポジティブな波動が、自然の進化の流れをスピードアップさせてくれます。ポジティブな波に乗っかって、一緒に上昇してゆきましょう!
 

« バシャール:次元上昇と目覚め (2050年までには) | トップページ | バシャール:揺るぎない自分 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/63237505

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:前進と後退 (頭を空っぽに):

« バシャール:次元上昇と目覚め (2050年までには) | トップページ | バシャール:揺るぎない自分 »