« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

バシャール:猜疑心

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12133992053.html?frm_src=favoritemail

望みがなかなか叶わないだとか、望みとは”逆”の事が起こってしまうだとか言って、望みを持つ事すら怖くて出来なくなってしまったという人がいますが、これに対してバシャールは以下のように答えています。

鏡は”光”を反射して対象物を映し出す道具ですが、”宇宙の法則”や”引寄せの法則”も同じように、寸分狂わず貴方の波動を映し出して跳ね返してくれるメカニズムを表しています。従って、
望みに対する貴方の”考え”に不純物=猜疑心や疑い感が混入していれば、自動的に”光”がブロックされてしまう事は誰にでも分かるでしょうとバシャールは話しています。いずれにせよ、望みが不完全な形で貴方のもとへと届けられてしまうという事は、”光”の出所である”貴方”がブロックしているからなのです。しかし、たとえ論理的に理解出来たとしても、心の”随”まで理解して実際に実行出来る人はあまり多くはいません。何故かと言うと、私達の深層心理には”疑い心”が強くはびこり、なかなか信じ切る事が出来ない事にあるからなのです。

”信じるものは救われる”という有名な言葉がありますが、これは”望む状況を引寄せるには、100%信じる事から始まる”、という宇宙の法則を分かりやすく説いているフレーズです。しかし本来極めてシンプルな法則であるはずが、深層に眠る”ネガティブ”な信念のお陰で、色んな場所にネジレを生じて複雑化させ、”100%信じる”状況を自ら”破壊”してしまっています

”信じる事”とは一体何なのか、また、”信じる事”とは何を意味しているのか、今一度理解する必要があるでしょうとバシャールは話しています。
貴方は必ず何かを100%信じているのです。望む状況がやってこない事を信じるのも、貴方の信念です。望みが叶うわけがない、という想いもまた”信じる事”なのです。従って、貴方の信じる”焦点”が何処にあるか、貴方の望む状況に対する貴方の”心のあり方”によって、波動を映し出す”鏡”に、何が映し出されるかが決定してゆく事を意味しています。”鏡”を掃除する必要は無い変わりに、鏡に語りかける”貴方(意識)”を綺麗にする事、シンプルに透明度を高くする事が重要となります。信じる
を恐れず貴方の心の意図するままに従ってワクワクを実行してゆきましょう!

2016年2月28日 (日)

バシャール:中生代時代から

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12133610471.html?frm_src=favoritemail

恐竜が生息していた中生代時代に人類が既に誕生していたかも知れない、といった憶測が至る所で飛び交っているようですが、バシャール曰く、その時代にはまだ人類は誕生していなかったと話しています。しかしその変わりに、人類ではない、他の”高次的生命体”が恐竜と共に生存していたのだと話しています。ですから、私達の”原型”と言われる猿人の誕生は、もっともっと最近になってからの事なのです。とは言っても、”私達”が焦点を当てている世界での事であって、勿論人類と恐竜が共存していた平行世界も、確かに存在している事は事実であるとバシャールは話します。

恐竜が絶命したと言われる約6500万年前の地球は混沌とした世界であり、生物同士の”生存競争”の世界であったと話します。そしてそれらの進化した一部の存在は、現在”鳥”として私達の地球に存在しているのです。

私達の遺伝子の中には、中生代時代に存在していたもう1つの”存在”の”生存競争”スイッチ遺伝子が組み込まれています。
太古の時代を生き抜くために備わっていたこの”装置”は、生き抜くために必要であった機能です。しかし、次の次元へとシフト中の私達には、もはや古くて重たい波動であり、私達には全く必要のない”装置”であると、話します。ですから、この”生存競争”スイッチをオフにする事、そして焦る気持ちや不足していると感じる意識を、満たされている、全てが上手く行くといった具合に、”統合”的な思考へとシフトさせてゆく必要があるというわけなのです。

この作業はとても大変で、不安が伴うと感じるのであれば、貴方の心は"まだ”準備が整っていない事を意味しているのだと、バシャールは話します。シフトの準備が整っているスターシードは、どんと構え、”全ては私の意図するままに”と感じる事が出来るようになります。ですから、”生存競争”スイッチをオフにし、どんと構えてられるよう、心の余裕を深めてゆきましょう。そして一緒に高みへ向かって歩んでゆきましょう!

2016年2月27日 (土)

I Am that I Am/私は私である (「望み=自分」がベスト)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12133250619.html?frm_src=favoritemail

貴方は光の”エネルギー(波動)”で出来ています。貴方の五感を使って感じ取る事柄の“全て”は、同じエネルギーの波動で作られているのです。またエネルギーは、形態が変化するだけであって、そのもの事態が消滅する事はありません。それと同じように、エネルギー的存在である”貴方”が消えて無くなってしまうという事は、絶対に有り得ない事を理解して下さいと、バシャールは話しています。

旧約聖書に記されている有名な言葉に、“I Am that I Am/私は私である"という極めてシンプルなフレーズがありますが、これは、貴方という“全て”のエネルギーが自分である”という意味が込められていると、話しています。詰まり、貴方の行動、言動、興味や焦点などのその全ては、貴方そのもののエネルギー形態が”変化”して出来た波動だという事が言えるのです。だからこそ、全ての源である”貴方”の意識を真っ直ぐにする事、違った言い方をすれば、不純物の無い”純粋な貴方の波動”である事が何よりも大切だという事を表明しているというわけなのです。

例えば、方の”望み”をhope や wish で表現する人がいますが、これは”実現する事のない望みに希望を持つ”といった、不純物が混ざり合った表現方法です。従って貴方を100%表現する”望み”とは、“I Am that I Am/私は私である"と同じように、その”望み”そのもの=自分である、という表現方法をする事で、エネルギーの”質”を劣化させる事なく形態だけを変化させ、貴方の所へと引寄せる事を意味しています。

貴方は100%の愛で出来た、”神”の領域に存在する意識体であるとバシャールは話しています。釈迦やキリストとなんら変わらない、バシャール達と“同じ”光で出来た生命体なのです。そして、何者も貴方を止める事は出来ないと話します…貴方以外には…。さぁ、恐れを手放す事を決心して下さい。そして一緒に歩んでゆきましょう!
 

2016年2月26日 (金)

バシャール:安定した社会 (2016~2050までに)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12132883847.html?frm_src=favoritemail

数術の数字の”9”は、何かが終わりを告げて新しく生まれ変わる事を意味しています。ですから2016年(2+1+6=”9”)は、古い波動が終盤を終え、新しい波動の世界へと移り変わる事を意味しているのだとバシャールは話しています。詰まり、今年からさまざまな分野において新たなコンセプトが誕生し始め、それらが新たに生まれ変わってゆくという、いわゆる波動の”分岐点”を私達は”通過中”だという事が説明できるのです。

バシャールは2016年のシフトについて詳しく言及する事を避けていますが、2016~2017の予測とアップデート(2015-12-24)でもご紹介したように、これらの事柄を私達に提示する事で、望む世界をどのように作り替えてゆくのか、または、作り替えないか等、意識の”過程”をじっくりと観察する目的も含んでいるのだと説明しています。詰まり、意図する世界を創造するための”プラットフォーム”を提示し、私達に”考える”時間を与えてくれているというわけなのです。

2016年の秋から全てが変化してゆくという、その変化は、まるで“大きな津波”のように私達の意識に押し寄せてゆくでしょうと、バシャールは話していますが、最初は多くの人達が”恐れ”を感じてしまうかも知れません。しかし、高い視点で物事を捉える事で、この”変化”は新しく生まれ変わった波動の”先駆け”の波動であり、これからどんどん研磨されて高められてゆくという事が理解出来るようになります。そして2020年頃までには新しい社会の基盤ができあがり、2050年頃までには安定した4次元生活が始まる事でしょうと、バシャールは話しています。
 

2016年2月25日 (木)

バシャール:モーセの十戒

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12132499767.html?frm_src=favoritemail

モーゼは神の言葉をもたらす”予言者”として本当に実在した人物であると、バシャールは話しています。彼は、ダリルがバシャールをチャネリングするように、テレパシーとチャネリングによって”神の言葉”を言語に変換し、世に広めていった人物なのです。

モーゼが”神”からの啓示によって創ったとされる”アーク”は、チャネリング装置であったとバシャールは話します。そして、実際に”アーク”を用いてモーゼが交信していた相手とは、”神”でも何でもなく、極めて高い次元に存在する”高次的存在”であったと、バシャールは話しています。ここで理解して欲しい事は、世界中に存在する神話の共通点は、”高次的存在”があるという事です。

現在まで伝わるモーゼが受けたとされる”十戒”は、受け取る側のモーゼのフィルターを通ってやってきています。当時の彼の意識のフィルターには、”恐れ”を基盤とするフィルターであった為、真意が曲げられて伝えられているとバシャールは説明しています。その代表例が以下になります。

モーゼの十戒の最初のタブレット:私以外の何者も神としてはならない。
本当の真意:“大いなる全て”(創造主)は全てである。←例え貴方達が”神ではない存在(邪神)”だと考える存在があったとしても、それも含む”全て”こそが、“大いなる全て”(創造主)であるという事。

モーゼが交信していたとされる高次的存在は、極めて高い次元に存在していたと話します。従って、次元を下降して情報を伝達するという事は、自動的に高質な情報が削ぎ落とされてしまう事を意味しています。そして何よりも受け取る側の”フィルター”によって更に真実がねじ曲げられ、上のように全く異なる型で伝わってしまったのだと、バシャールは説明しています。

2016年2月24日 (水)

バシャール:意識的にシフトする (平行世界へ)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12132178602.html?frm_src=favoritemail

私達は1秒間に何十億回という気の遠くなる数だけ“平行世界”を移動しているのだと、バシャールは話します。貴方の意識は流動的であって、一定に定まる事は決してありません。前回お話した”マンデラ・エフェクト”は、日常的に起こる”変化”であって、決して珍しい現象ではないのです。ただ、”今までの私達”は意識的に平行世界へ移動するのではなく、無意識にシフトを行っていただけであると、バシャールは説明しています。

意識が高まって波動上昇中の現在の私達は、シフトする以前の”記憶”を持ったまま移動する事が出来るようになりました。人によっては”地理”の変化を的確にスポットする人もいるでしょう。いずれにせよ、物質世界は”夢”の世界のように流動的であり、粘土のように柔軟であるという事がここで証明する事ができます。

物質世界は、明晰夢の世界となんら変わらない”柔軟な世界であるとバシャールは説明しています。ですから明晰夢を見て、そこで意識を”意図的”にコントロールする方法を習得して下さいと、バシャールは話しています。そうする事で、物質界においても意図する(望む)世界を引寄せる事が出来る”力”を養う事が出来るというわけなのです。

私達は常にシフトを続けています。今の瞬間にも確実に一歩づつ貴方の”意識”に見合った世界へと移動しているのです。貴方の”望む世界”を明確にし、意図する世界をどんどん創造してゆきましょう!

2016年2月23日 (火)

バシャール:マンデラ・エフェクト

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12131825273.html?frm_src=favoritemail

貴方はものすごいスピードで自分の波動にみあった平行世界へと移動し続けています。次から次へと異なる平行世界へ移動し続ける貴方は、この”積み重ね”を”動き”として認識しているのだとバシャールは説明しています。フレームからフレームへ移動するその1コマ1コマには、ちょっとだけ違った世界の“全て”が含まれています。しかし突然の大きな意識の変化が起こると、それぞれのコマを3つ飛びや10個飛びという具合に、飛び級出来るようになるだけでなく、”辻褄”のあわない出来事を発見するようになります。これを一般的に、”マンデラ・エフェクト”と呼んでいます。

”マンデラ・エフェクト”とは、平行世界へシフトする際に起こる”辻褄”のあわない記憶を表します。例えば、ネルソン・マンデラは獄中で亡くなった、というニュースを覚えている人は多いと思います。彼が亡くなったと報じられたのは80年代の事でしたが、”現在”のバージョンの地球では、27年間の獄中を経た後、3年前95歳の生涯終えています。

過去の記事でご紹介した”変化する歴史 (2015-07-17 )”でもあるように、ケネディー大統領の暗殺事件は1963年に起こった事ですが、私達の意識が大きく拡張する前の1996年までの記憶では、ケネディー大統領は1984年まで存命であったと、バシャールは話します。詰まり、私達はケネディーが暗殺されたバージョンの”平行世界”へとシフトし、その時の記憶さえも塗り替えられているという事が言えるのです。

子供の頃に読んだ本のスペルがちょっとだけ違っていたり、英語のYesterday をYesturday と習った記憶があったりと、気をつけてみて見ると、周りにはそれこそ膨大な数の”マンデラ・エフェクト”を発見する事が出来るでしょうと、バシャールは話しています。

*日本における”マンデラ・エフェクト”を募集しております。the Planet from Nebula の公式Facebookページまでメッセージをお願い致します。集まり次第、youtubeにて発表させて頂きます。

2016年2月22日 (月)

バシャール:”真実”の方程式

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12131508368.html?frm_src=favoritemail

アメリカの小説家であるマーク・トウェインの有名な言葉に、”真実は小説(フィクション)より奇なり”とありますが、もし”真実”を”真実”として受け取る事が出来ない、または理解出来ないとするならば、アインシュタインの言葉通り、”直面する問題と同じレベルからでは、問題を解決することは出来ない”という事が言えるのだと、バシャールは説明しています。詰まり、あるレベル(波動域)においては頷けない事柄でも、もう1つ上のレベルでは納得出来る事があります。例えば1年前はチンプンカンプンであった映画を今観賞してみると、びっくりするぐらい意味がすんなり入ってくる事があります。これは、貴方の波動がワンランク上がって理解力が高まった事が言えるのだと、バシャールは説明しています。もっと簡単に言うと、貴方の”視点”が以前よりも高まったという事が言えるのです。

古代の地球には、沢山の高次文明達の”ステーション”が各地に点在し、まだ幼い(意識)地球人に“大いなる全て”の”真実”を伝えてくれていたのでした。それが現在の宗教の始まりだというわけですが、受け取る側の幼い意識では、”真実”を”真実”として受け止める事が出来ません。ある意味、重たい物質界に情報を落とすという事は、自動的に色んな情報が削ぎ落とされてしまう事を意味しています。削ぎ落とされてしまう情報とは、受け取る側に浸透してゆかない”波動域”にある、という事を意味しているのです。

奇跡を”真実”として捉えるも、物質界のみを”真実”として捉えるも、どれも貴方の意識次第であるとバシャールは話します。どちらも”真実”であって、貴方が深く信じる事柄が貴方にとっての本当の”真実”となるのです。どうせ信じるのであれば、ポジティブを信じる方が遥かにワクワクしますし、どちらにせよ、貴方の”真実”=引寄せられる現実、という方程式はどの波動域にあっても変わる事はありません。ですから、貴方が”真実”とする事を、貴方の望みとマッチさせて下さいと、バシャールは話します。そうする事で、貴方=”真実”という、とてつもなく強力な方程式が完成するようになるというわけなのです。
 

2016年2月21日 (日)

バシャール:新しい波動の世界

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12131084356.html?frm_src=favoritemail

この世界に生まれ出たその瞬間から、貴方は”望む世界”を創造し続けているのだと、バシャールは話しています。もっと厳密に言えば、今世に限らず貴方という”魂”が存在するその瞬間からずっと、貴方はひたすら望む世界を創造し続けているのです。これを平面的な視点(3次元密度的な)で言うと、とんでもなく気が遠くなるような長い年月を表しています。

あるスターシードは、自分の意識がある程度覚醒した際に体験出来るよう、自分だけの”記し(付箋紙)”を準備しているケースがあると話します。例えば、澄み渡る空に大きな宇宙船を目撃するだとか、大切な精神世界の指導者に出会うだとか、ガイドに出会ってメッセージを受けるだとか。いずれにせよ、スターシードである貴方は、物質界”のみ”にフォーカスしていては到達出来ない高質な情報源にアクセスする事が出来るだけでなく、その”目に見えない”情報を持ち続け、物質界に活用する事が出来る人達でもあります。物質界”のみ”にフォーカスしていては到達出来ない高質な情報源とは、バシャールの”教え”であったり、精神世界に対する純粋な”興味”であったり、ヒトの持つ不思議なエネルギーの発見であったりと、3次元密度の”視点”では”オカルト”として分類される事を、真実として捉える”柔軟さ”が備わっている事を意味しています。

ほんの10年前の世界では、スターシードの輝きは夜の田舎町のように点々とした灯火だけであったとバシャールは話します。しかし現在では、その灯火が全世界に飛び散り、沢山の新たなスターシードが誕生しているのです。また2012年以降に産まれた子供達は、一番最新のDNAが搭載されていると、話します。成長スピードが早く、お話や歩行、運動能力や学習能力が極めて高いだけでなく、精神的にも高い意識を持ちます。

2016年からは新しい波動の始まりの年でもあります。箱から飛び出したスターシード達は、”古い型”にハマらない自分だけの”意図する世界”を造り出そうと動き出しています。貴方のワクワクを通して、望む素晴らしい”世界”を造り出すべく前進してゆきましょう。そして、一緒に歩んでゆきましょう!

2016年2月20日 (土)

バシャール:揺るぎない自分

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12130730360.html?frm_src=favoritemail

貴方が一緒に暮らす家族や恋人は、貴方と似たような波動の”接点”を幾つも持つ人達でもあるという事を、今一度理解する必要があるでしょうと、バシャールは話します。類似した”接点”を持つという事は、それだけ貴方の”エッセンス”を反映する”鏡”のような存在だという事が言えます。一緒に暮らすペットが貴方と似たような行動を取るようになったり、姿までが似て来たりするのは、貴方の”エッセンス”を映し出している事にあります。長年連れ添った夫婦の顔が似て来るのも、共有する波動が多い事にあるのです。

貴方のパートナーが話しかけてくるタイミングや、その話の内容、それによって引き起こる貴方の感情等、”今”の貴方にマッチした波動が100%引寄せられてきます。これは例外無く何時も確実に間違い無く、貴方の波動とマッチした世界が引寄せられる事を意味しているのです。ですから、夫と上手く付き合えないだとか、喧嘩ばかりしてしまってうんざりだ、と話す人がいますが、それは相手に問題があるというよりも、貴方側の波動に”不調和”がある事を意味しており、その不調和の”接点”が、夫の一言や行動によって誘発されるという事を意味しています。貴方の波動内にそういった”エッセンス”が存在しなければ、貴方の波動がブレてしまう事はありません。

例え今の旦那と別れたとしても、貴方が波動調整を行わない限り、結果的に離婚前と同じシチュエーションを引寄せてくる事を意味しています。どんなに仕事を変えても、どんなに恋人を変えても、どんなに引っ越しを繰り返しても同じ事が繰り返されてしまうのは、貴方の波動内に根強く残るネガティブな信念があるからなのです。アセンションは、日々の暮らしで起こすものであると、バシャールは話します。アセンションとは、意識の進化、即ち、視点の変化を意味しています。貴方の視点をよりポジティブに持ってゆき、あらゆる事柄をポジティブな”接点”で捉えてゆきましょう。そして、周りの状況に振り回される事のない、揺るぎない”自分”を造り上げてゆきましょう!
 

バシャール:前進と後退 (頭を空っぽに)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12130349251.html?frm_src=favoritemail

ヒトは何も考えていない頭の状態よりも、何かしら考えを巡らせている方が安心感を感じる傾向がありますが、それは一体なぜなのでしょうか。ネガティブな考えを持っている方が、頭が空っぽよりはマシだろうと考えるのは何故なのでしょう。何かが起きた時に速攻で対応出来るよう、頭を活性化し”準備”を整えておこうとするそのメカニズムは一体何故なのでしょうか。

バシャール曰く、それは貴方の”生存競争スイッチ”がオンになっている事を意味していると話します。このスイッチがオンだという事は、思考が”アンテナモード”になっておらず、高次の情報を跳ね返してしまう波動域にいる事を意味しています。しかも”不足モード”で物事が引寄せられてくる事を意味しているので、どんどん”足りない”波動が浮き彫りにされてくるようになります。

何も思考を巡らせずリラックスする事、心地よい雰囲気に心を浸してボンヤリする事は、ネガティブな思考を巡らすよりも“遥かに”ポジティブな事であると、バシャールは説明します。詰まり、ネガティブな思考を巡らせるという事は、その波動内に”低迷”する事を意味していますが、何も考えない=ネガティブな抵抗感が”0”=ニュートラル という事になり、従って何も考えていない頭の状態の方が、確実に”前進”を意味しているのです。

私達は自動的に、ゆっくりではありますが”進化”を遂げています。宇宙は常に”拡張”しているように、”私達”も常に拡張し続けているのです。ですから、何も考えない=抵抗する波動が0という事は、何もせずとも進化の波に乗れる事を意味しているのです。貴方のネガティブな波動が自然な進化の流れを塞き止め、貴方のポジティブな波動が、自然の進化の流れをスピードアップさせてくれます。ポジティブな波に乗っかって、一緒に上昇してゆきましょう!
 

2016年2月18日 (木)

バシャール:次元上昇と目覚め (2050年までには)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12129991078.html?frm_src=favoritemail

”アセンション”とは、次元上昇を意味していると考える人がいますが、実際にはそれだけではありません。貴方の意識が覚醒して”目覚め”を体験する事で、初めて”アセンション”を体験してゆくのです。ですから”アセンション”とは、貴方の波動が上昇し、上昇した波動に応じた”波動域”へとシフトする事であり、パッと次元が切り替わって終了する現象ではありません。現に私達は、今の瞬間にも”アセンション”へ向けて現在進行形(成長中)であると、バシャールは話しています。

では、”アセンション”は自動的に誰にでも起こる現象なのでしょうか?バシャール曰く、それは意識の目覚め(アセンション)を望む人だけが体験する現象であって、それを望まない人も当然存在するでしょうと、話します。しかしここで言える事は、今の時期を選んできた魂の多くは、この”アセンション”を体験する為にやってきています。”アセンション”を体験するためにとは、意識の”目覚め”を目的としている事を意味しています。

少なくとも2050年までには、本格的な4次元密度の住人として生活をするようになるでしょうと、バシャールは話しています。しかしその時まで待たなくとも、貴方は十分4次元密度仕様の生活を始める事が出来る”波動域”へ来ています。いずれにせよ、”アセンション”は、各々異なる”現象”であるという事を念頭に置き、貴方の意識の覚醒にのみ”焦点”を当て、ワクワクが照らす”道”を進んでゆきましょう!
 

2016年2月17日 (水)

バシャール:量子力学とその未来

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12129627089.html?frm_src=favoritemail

私達の日常生活には切っても切れない存在となった携帯やパソコンは、量子力学があってこそ開発された日常品です。量子力学とは、相対性理論に並ぶもう1つの物理学の理論であり、ミクロの世界の特殊な現象を記述する学問となります。例えば、全てはエネルギーであり”波動”である、という発想はこの量子力学を基礎として展開されているのです。

今までの私達の世界では、量子論と一般相対性理論の二つの理論の”整合(辻褄合わせ)”は、有り得ない話であったとバシャールは話しています。しかし私達が向かっている新しい世界では、量子論と特に生物学との確かな”整合(辻褄合わせ)”が見いだされるようになる世界となるでしょうと、バシャールは話しています。例えば、私達の脳は精密に作られた量子コンピューターであるだとか、体内にある”酵素”は量子論に基づいた働きをしているだとか、または、木々は太陽光をエネルギーへと変換させていますが、これも量子論に基づいた働きをしているだとか、新たなエネルギーの法則が発見され、それらを私達の生活に取り入れるようになります。そして思考やテレパシー等、目に見えない”存在”への理解がどんどん深まり、いずれは魂の世界の存在を証明する事が出来るようになるでしょうと、バシャールは話しています。

“全て”は波動(エネルギー)で出来ています。貴方の思考も貴方の言葉も行動も、宇宙も光も何もかもが”全て”が同じ”大いなる全て”のエネルギーで出来ているのです。本来、貴方はハイヤーマインドから瞬時にメッセージを受け取っているのですが、エネルギーは”流れ易い”型で一番”無理の無い”方法で運ばれる性質があるので、貴方の心にブロックがあると、折角のメッセージに気がつく事がありません。

満たされた心でいれば、満たされた世界が引寄せられてきます。しかし、貴方の隣にいる人も同じように”満たされた気分”になるかと言うと、そうではありません。貴方にとっての満たされた感覚は、貴方だけのプロファイルであって、他の人にも当てはまるわけでは無いからなのです。

このように同じ“大いなる全て”のエネルギーを受けても、貴方と同じ”反応”が起きないのは、それぞれユニークな”視点(フィルター)”を持っているからなのだと、バシャールは話しています。だからこそ、世の中はバラエティーに富んで楽しくワクワクする場所なのです。さぁ、一緒に天国のような素晴らしい地球を創ってゆきましょう!!

2016年2月16日 (火)

バシャール:カルマの法則

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12129307384.html?frm_src=favoritemail

人の人生には多かれ少なかれ、”カルマ”という逃れられない運命が存在していると言われていますが、バシャール曰く、それはまったくもって古い考え方であると話しています。では、”カルマ”とは一体どういった事を意味しているのでしょうか。そして、”カルマ”に関しての新しい考え方とは一体どういったものなのでしょうか?

”カルマ”とは、エネルギーバランスの問題を提示をしているだけであって、足枷のようにずっとずっと貴方に付いてまわるエネルギーでは無いのだと、バシャールは話しています。アンバランスなエネルギーを発見し、その”ブレ”を調律して元のバランスに戻してあげれば、エネルギーの不調和は改善されます。従って、この時点で”カルマ”はニュートラル化され、消滅してしまう事を意味しているのです。ですから、”カルマ”だとか”因果”だから逃れられないだとか、”カルマ”をブロックして削除しましょうだとか、そういった事では無く、あくまでも、アンバランスなエネルギーを”大いなる全て”の波動へと戻してあげる”メカニズム”を、”カルマ”と呼んでいるだけなのだと、バシャールは説明しています。

”カルマ”は避けられない運命だと考えるのは貴方の自由ですが、”足枷”を外すのも付けるのも、全部貴方の選択であるという事を理解して下さいと、バシャールは話します。自分の選択で”カルマ”と呼ばれる”鍛錬”をしているというのであれば、それも良いでしょう。しかし、”カルマ”だから逃れられない、”カルマ”だからどうしようもない、といって波動の不調和を正してゆくのではなく、諦める”理由”として”カルマ”を引き合いに出すのであれば、それは大きな間違いとなります。

魂の成長は永遠に続き、人生の挑戦は永遠に終わる事はありません。”カルマ”は波動の不調和を正してあげるバランスを取るメカニズムであって、貴方に苦しみを与える"重石”では無いという事を、しっかりと理解してゆきましょう!
 

2016年2月15日 (月)

バシャール:真の美しさとは

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12128919460.html?frm_src=favoritemail

真の“美しさ”とは、内面から湧きこる美しさを表します。“大いなる全て”の完璧な波動にシンクロした”貴方”こそが、真の”美しさ”の象徴であるとバシャールは説明しています。しかし、不調和な波動が邪魔をして、なかなか“大いなる全て”の波動と一直線に繋がる事が出来ない貴方は、不快な感情に対する”想い”の矛先をだんだん”外側”へ向けるようになります。そしてやがては、”外見”や”姿形”を理由にするようになって”行動”で解決を図る、という発想に辿り着くようになり、どんどん悪循環へとハマってしまいます。どんなに美しく着飾っても劣等感が消えない、どんなに高級品を持っていても一向に心が満たされない、何をしても平穏な心に辿り着かないのは、そういった心のメカニズムが起因しているというわけなのです。

私達の多くは、”貴方は不十分だ”、”貴方は無能で才能が無い”、”貴方には価値がない”といった、真の貴方と”真逆”な波動形態によって育てられてきたのだと、バシャールは話します。それ故、自分の価値を認める事が出来ない程の強いネガティブな”信念”が根付いてしまい、その信念の周りには更なるサブ・ネガティブが幾つも幾つもぶら下がる状態へと膨らんでいったのです。これらの波動が、貴方の波動を重く濁らせ、前進する上で大変大きな障害となってしまうのだと、バシャールは話しています。

真の貴方の波動は、ストレス0の波動であると、バシャールは断言しています。真の貴方の波動は、軽やかで活力を与えてくれます。真の貴方の波動は、貴方を更なる”統合”の波動へと誘ってくれるのです。詰まり、真実は、羽の如く軽やかな波動というわけなのです。

心が重たくのしかかり、なかなか前進出来ないのは、それは貴方のネガティブな信念が”重し”となって貴方の前進をはばいているからです。ですから、貴方にとって”無意味”な波動を洗い流し、どんどん軽やかな貴方へと変身してゆきましょう!

2016年2月14日 (日)

バシャール:質の高い”情報” (ワクワクするアイデアへ)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12128515748.html?frm_src=favoritemail

どんなメッセージであれ、メッセージの”情報源”はさほど重要項目では無いという事を知って下さいと、バシャールは話しています。それよりも質の高い情報を得るという事に”重き”を置く事が重要です。どっちみち貴方が得る情報は、ハイヤーマインドの”視点”、詰まり高度な存在の”貴方”からやってきています。貴方のガイドや愛する故人達は、貴方のハイヤーマインドの意識にアクセスし、そのアクセスポイントから貴方へメッセージを伝達していますが、だからと言ってそのメッセージを信じるも信じないも、活用するも活用しないも、100%貴方の自由意志にまかされているのです。

情報の”出所”に執着し、その出所によって信じるか信じないかを決定するという事は、無限大の可能性を小さな”箱”に沈めて納めてしまう事を意味しています。という事は、小箱サイズの”答え”しかやってこないという事になるので、質の高い情報を得るチャンスが著しく減ってしまう事を意味しています。

真の貴方の”目的”は何だったのか、答えを得る事では無かったのか等、自問自答してみる必要があるでしょうとバシャールは話しています。バシャールが話しているから信じてみようでは無く、貴方の心にジンと響く事であれば、何処の誰が伝える情報であれ、それが”質の高い”情報”となるのです。東大出だから信じられるだとか、子供だから信じられないだとか、どうしても”無条件の愛”で受け止められず、特定の”条件”がマッチした所からしかメッセージを受け付けないというスタンスでは、なかなか質の良い答えには辿り着けません。貴方のハイヤーマインドは”無条件の愛”を使ってメッセージを伝えてくるという事を、今一度理解してゆきましょう。その意味は、”無条件の愛”の”方法”で、メッセージがやってくるという事を意味しているのです。

心にジンと響くという事は、貴方のハイヤーマインドがそのアイデアに頷き、その通りだ!と伝えてくれている事を意味しているのです。。詰まり、”答え”はこっちですよ、と答えへの道筋をしっかりと照らしてくれています。耳を研ぎ澄まして心を開いて下さいと、バシャールは話します。貴方の心が踊る”答え”を見つけ出し、その答えに向かって前進する自分に、大いにワクワクしてゆきましょうとバシャールは話しています。そして、一緒に歩んでゆきましょう!
 

2016年2月13日 (土)

バシャール:地上勤務員(ハイアーマインドからのメッセージの特徴)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12128139490.html?frm_src=favoritemail

だれでもバシャールの意識にアクセスし、情報をダウンロードする事は可能ですが、現在バシャールをボーカル・チャネリング(トランス・チャネリング)する”存在”は、ダリルだけであるとバシャールは断言しています。ダリル個人がバシャールから情報をダウンロードする場合、聴取者に波動翻訳する手間が省かれるので、彼等はテレパシーのみで会話する事が出来ます。テレパシーで会話するという事は、質問に対する答えが、ダリルの心に”想い”として戻される事を意味しています。ここで理解して欲しい事は、バシャールはダリルに直接話しかけているのでは無く、彼のハイヤーマインドとコミュニケーションを取っているという事です。

貴方のハイヤーマインドは、貴方の思考にいつも語りかけていると話します。貴方の波動を使って伝達してくるので、貴方の心に”想い”として浮かんでくるというわけなのです。その際、自分の想いなのか、それともメッセージなのかどうか判断が付かないという人がいますが、それは貴方のエゴ的思考と、高次的思考の”違い”を未だ理解していない事にあります。


ハイヤーマインドからの高次的思考は、ピュアでポジティブな思考です。
 
ハイヤーマインドからの高次的思考は、貴方をワクワクさせ、心がウキウキする波動です。
 
ハイヤーマインドからの高次的思考は、斬新で、”これだ!”といった大きなヒラメキを与えます。
 
ハイヤーマインドからの高次的思考は、愛を基盤とする波動です。

物質界にフォーカスする貴方はメッセージを受け取る”アンテナ”的存在です。貴方は高次のメッセージを受け取り、それを実際に”行動”にうつしてゆく、地上勤務員(スターシード)というわけなのです。そして貴方の”光”を世界中に拡散させ、地球の波動を上げる事にあります。さぁ、一緒に歩んでゆきましょう!
 

2016年2月12日 (金)

バシャール:チャネリングの流れ

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12127789649.html?frm_src=favoritemail

チャネリングと一言で言っても、世界中には様々なチャネリング方法が存在しています。例え“同じ”情報を引っ張ってきたとしても、その引っ張てくる情報源も様々となりますが、何と言っても、波動を受けとる”チャネラー”の波動域が最大限関与してくるので、実際に出て来た”答え”や”印象”が異なってしまう、といった事態も当然起こりえるという事を理解して下さいとバシャールは話しています。

しかし、そのどちらかが”間違い”というわけではありません。それぞれが体験する”世界”が違うという意味であって、フォーカスの焦点がネガティブかポジティブかの違いだけなのだと、バシャールは説明しています。当然フォーカスがネガティブであれば、憶測通りの事柄を体験するようになるし、ポジティブであれば、それ相当の波動が跳ね返されてくるという事は理解出来るでしょう。

一般的な花形のチャネリングの型が、ボーカル・チャネリングまたは、トランス・チャネリングと呼ばれる方法です(バシャールとダリルのチャネリング方法は、この方法です)。バシャールとダリルを例題にして簡単にチャネリグの流れをご説明すると、以下のようになります。

①バシャールがダリルのハイヤーマインドと接触→ ②ハイヤーマインドがダリルへ情報伝達→ ③ダリル自身が、自分の脳にあるボキャブラリーから言葉を選んで伝達

このように、
必ず貴方のハイヤーマインドが”中心”となって情報が伝達されてゆきますバシャールだろうと、ガイドであろうと、精霊や亡くなった愛する人であろうと、ハイヤーマインドを通してメッセージがやってくるので、貴方自身がハイヤーマインドと繋がる事が肝心です
しかし③番目に記したように、物質的脳のフィルターを通って伝達されるという事は、エゴやネガティブな信念が付着するフィルターを通って伝達されてゆく事を意味しているので、この部分の掃除が必要となるわけなのです。そのお掃除方法は、様々ですが、一般的には瞑想が用いられているというわけなのです。

2016年2月11日 (木)

バシャール:エゴの側面

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12127385321.html?frm_src=favoritemail

貴方が4次元密度へシフトしたとしても、貴方のエゴは消える事はありません。エゴの中にもポジティブとネガティブの側面があるように、高みへ向かって成長したいという”想い”もまた、貴方のエゴの中に含まれているのです。一方、ネガティブなエゴは、”足りていない”という想いからの、”焦り”の集結がメインとなる波動であると、バシャールは話しています。

”足りていない”、だとか”十分でない”といった想いは、3次元密度の一番底辺に沈む波動です。この生存競争の重たい波動は、時間を直線的(平面的)に捉える古いアイデアに基づいているので、なかなか新しいコンセプトを受け入れる事が出来ないと同時に、貴方の心を萎えさせ、高次の波動から隔離させてしまう作用があります。こうなると、貴方は正常な思考で判断出来なくなり、偏った世界を繰り返し引寄せていくようになります。

新しい立体的な思考へと変化してゆくには、”足りていない”、だとか”十分でない”といった想いをポジティブな側面へと傾けさせてあげる事にあるのだと、バシャールは話しています。
足りてない→十分で満たされている、という風に、貴方のネガティブなエゴを1つ1つ”統合”のエネルギーへと塗り替えてゆく事が肝心であると、バシャールは話しています。

分離作用のあるエゴの波動は、貴方の”ありのまま”の波動ではありません。
貴方は愛の波動で創られた、統合波動そのものなのです。その事をしっかりと理解し、上手にエゴと付き合ってゆきましょう。

2016年2月10日 (水)

バシャール:データーバンク (2016年は行動に移す年)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12127048505.html?frm_src=favoritemail

心身共に浄化促進を進めてきたスターシード達にとっての2016年は、今までの3年間(2013~2015年)で学んだ”気付き”を初めて行動にうつしてゆく年となるでしょうと、バシャールは話しています。スターシードである貴方は、たとえどんなに漆黒の世界が広がっていようとも、高い意識の”存在”を認識し、決して見失う事なくその波動に向かって突き進んでゆく”強さ”が備わります。そして3次元密度の古い箱から飛び出したスターシード達は、新しいインスピレーションの風をどんどん拡散させて”光の仲間”を増やしてゆく人達でもあるのです。

貴方は、波動を直接引寄せる”デバイス”そのものであると、バシャールは話します。詰まり、貴方自身が人間”アンテナ”なので、貴方自身がどの波動にチューニングされているかによって、引寄せられる波動(世界)が異なってゆきます。

貴方の周りに存在する“全て”は、データーバンクのようなものです。そのデータを見比べて更なる欲求を誕生させたり、改善したり、違ったインスピレーションの刺激となったりと、貴方が創造したい世界の、”インスピレーション”として存在しているのであって、”誰かの世界”に丸ごと従う為に、”見本”として存在しているわけではありません。飽くまでも、貴方のバージョンの世界を創造する為に、貴方は”今”の時期を選んでやってきたというわけなのです。

貴方の創造したい世界は、現在”見本”として何処かに存在しているものではありません。100年前よりも日本人の体格が大柄になったのも、色々と便利な世界になったのも、先祖の”想い”が次のジェネレーションへと伝達され、現在の私達がその”想い”を引き継ぎアップデートされている事にあるのです。それと同じように、”今”の貴方は、貴方という存在全体で言うと、一番の最先端を走る存在であると、バシャールは話します。その最先端を行く貴方は、次元の変わり目という、貴重な狭間を“あえて”選んで存在しているという事を、決して忘れないようにして下さいとバシャールは話しています。

次元を超えた新しい風をおこして下さい。それをする為に”今”の貴方がいるという事を、しっかりと自覚してゆきましょう。
 

2016年2月 9日 (火)

バシャール:波動の接点

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12126672571.html?frm_src=favoritemail

新しい時代を生きる私達にとって、3D的思考(高次元的思考)に捉える”理想の人間関係”とは、以下の通りになります。

貴方の大好きな人や愛する人には、貴方と類似した波動の”接点”を持っているのだと、バシャールは話しています。彼等は、貴方の心地良い波動を引き出して増幅させ、”素の貴方”をアクティベート(活動的にする)してくれる人達でもあります。詰まり、理想の人間関係とは、”ありのまま”の貴方を引き出してくれる人達を表しています。しかし、時には貴方のネガティブな側面を浮き彫りにする存在もいるでしょう。その人達もまた、貴方の心の成長に貢献してくれる、大切な”仲間”というわけなのです。

このように3D的思考(高次元的思考)に捉えると、どの人間関係も大切であるという事が理解出来ます。不愉快な気分にさせられる上司だとしても、貴方の中にある”不調和”な波動を浮き彫りにし、"気付き”を与えてくれている存在なのです。文句ばかりで嫌だな、とその人の”あり方”に批判する貴方は、貴方の波動内の”不調和な波動”がアクティベートさせられた事を意味しています。ですからその人を批判するという事は、その人の波動にシンクロするという事になるので、エネルギー的言っても”同類”である、という事が言えるのです。

貴方の波動の”接点”がポジティブであればある程、貴方が受け取れる”愛”の接点も自動的に多くなるのだと、バシャールは説明しています。多くなるという事は、それだけ大きな至福が引っ張られてくるという事を意味しているのですが、そもそも波動の接点をポジティブにするにはどうしたら良いのでしょうか。

ポジティブな波動の”接点”の出発地点は、貴方自身から始まります。従って、貴方自身を無条件に愛する事から“全て”が始まるという事が言えるのです。例えば愛する祖国の外交をワクワクとしている外交官は、自国のポジティブな”接点”を沢山知っているだけでなく、彼自身が大きなポジティブの”接点”となって働きます。自分の国の良い所を知る彼は、他国の美点にも敏感に気がつく事が出来るだけでなく、異なる視点の素晴らしさを味わう”接点”を持っています。詰まり、貴方の中の愛を引寄せる”接点”の存在自体を掴んでいなければ、その接点を増やして強化し、それと同じ現実を引寄せる事さえも出来ないのです。

貴方の中のポジティブな”接点”を増やして下さい。そして、そこら中に充満する”無条件の愛”をどんどん取り入れてゆき、一緒に歩んでゆきましょう!
 

2016年2月 8日 (月)

バシャール:接点の構築

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12126310923.html?frm_src=favoritemail

貴方以外の”存在”がいてこそ、貴方という”存在”が生き生きと生きてゆけるのだと、バシャールは話します。貴方の波動を受け取った彼等は、自分のフィルターを通して彼等のバージョンの”貴方”を映し出し、貴方に見せつけてくれますが、ここで誤解しないで欲しい事は、彼等の個人的なフィルターを通してやってきた”情報”が、常に貴方を100%表現しているわけではないという事です。彼等のバージョンの”貴方”とは、イコール貴方の波動内にある”類点”を拾い集め、その”接点”を映し出した事によります。よって、彼等のバージョンの”貴方”とは、彼等の波動で創られた”貴方”であって、彼等そのものの波動を”貴方”という型を借りて表現しているだけなのです。ですから、貴方を批判する人は、その人本人に批判材料が根付いている事を意味しており、貴方と接する事でその波動が浮き彫りにされてしまう、というわけなのです。

毎日数えきれない程の人達が貴方の周りを通り過ぎていますが、貴方は彼等”全員”を把握する事はありません。多くの場合、側を通り過ぎた事さえも分からないし、視覚する事も無いのだと、バシャールは話します。要は、彼等を”把握”する必要がないから、貴方の思考にも留まる事はないのだと、バシャールは話しています。

貴方のフィルターをアクティベート(初期化)するには、波動の”接点”(詰まり、興味)を構築する事が先決となります。それには、軽い会話をして印象を構築したりと、相手のデータを拾い集めてフィルターを完成させてゆきます。それと同じコンセプトで考えると分かり易いように、たとえ”無条件の愛”がそこらじゅうに充満していたとしても、そもそもその波動に興味が無ければ”見つける”必要もないでしょうし、(現時点においては)貴方がその波動を”把握”する波動域に居る必要も無くなります。よって、波動の”類点”を見いだす必要が無いので、”無条件の愛”を感じる心を養う事もありません。

そうは言っても、私達はピュアで100%ポジティブな存在だという事は紛れも無い事実であると、バシャールは話しています。ですから、”無条件の愛”の波動が貴方の”ありのまま”の波動なので、どっちみちその事実に基づいて、貴方は前進してゆくようになるのは、間違いないでしょう。

2016年2月 7日 (日)

バシャール:地球人 (今・ここに全ての平行世界が)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12125940870.html?frm_src=favoritemail

よく、”私は地球と繋がりがあるよりも、他の惑星との繋がりが深いように思えます。本当の”家”が何処にあるのか教えて下さい”と質問する人がいますが、バシャールはこう答えます。このような古い”考え方”はそろそろ卒業してゆく必要があるでしょうと、話します。詰まり、自分だけがユニークで特別な存在だと考え、混沌する地球の波動から自分自身を遠ざけ”分離”させ、自分の下り立つ”地盤”を真っ向から否定する事を意味しているのです。=(イコール)自己否定を意味しています。

これは所謂、海外に対する”憧れ”にフォーカスし、自分という接点にコンプレックスを持って閉じ込めてしまう心理と似ています。そうではなく、新時代を生きる私達は、自分という”軸”が何処にあるのか、そもそも自分の接点となる”軸”を、しっかりと理解して”愛して”ゆく必要があるでしょうと、バシャールは話しています。貴方は紛れも無く、地球を選んでやって来たのですから。

では、新時代の波動枠でもう一度上の質問を言い直してみると、以下の通りになります。
”今世において、私はどの”波動”との繋がりを強く持っているのでしょうか?”

貴方は何処か遠い星から”訪れてきた”わけではありません。この考え方は、時間を直線的に考える、平面的な考え方(3次元位密度的な思考回路)であると、バシャールは話します。何故ならば、
今ここに“全て”の事柄(過去、未来、過去生、未来生)、全ての平行世界の“全て”が存在しているからなのです。ですから、貴方は”ココ”に存在しながら、あらゆる波動域に自由にアクセスして受信し、それを自分の世界へと映し出しているというわけなのです。これが、3D的思考です(高次元的な思考回路)。

私達は”必要”な波動のみにアクセスする事が出来るのだと、バシャールは話します。その証拠に、
複数存在する目撃者その一人一人が全く違った見解をとるのは、それぞれがユニークな視点を持って、それぞれが異なる世界に住んでいるからなのだと、バシャールは話しています。貴方は、あらゆる高次の波動と繋がりを持つ、地球人です。その事を忘れずに、地球の浄化を促進し、天国のような世界を一緒に創ってゆきましょう!

2016年2月 6日 (土)

バシャール:ワクワクの方程式~後半

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12125562115.html?frm_src=favoritemail

2)出せる限りの能力を駆使して、ワクワクを実施する

・貴方がもち得る技術や才能、想像力等、貴方のもつ能力の“全て”を駆使してワクワクを実行してゆきましょう。

・そして、貴方が出せる限り(出せる範囲)の”最大限の力”を駆使して、ワクワクを実行します。

・もしも同時に複数のワクワクが訪れたら、そのどちらでも良いので1つ選び、それを実行します。いずれにせよ導かれる”道”をそのまま進むのかどうかは、ワクワクを実行する事で判断する事が出来ます。

・貴方が継続出来る範囲まで、ワクワクを引き続き実行してゆきます。

・これ以上継続出来ない所までワクワクを実行したら、次へ進みます。貴方が(その瞬間)に一番ワクワクする事を選び、貴方が出せる限り(出せる範囲)の”最大限の力”を駆使して、ワクワクを実行します。

・その際、これ以上ワクワクを継続する事が出来ない、といった”サイン(現れ)”を見逃さないように気をつけましょう。”サイン(現れ)”とは、兆候や兆し、又は、規定や法律といった事柄を意味しています。

・上の事柄に付け加えて、体力の限界、法律や規則、ヒトとしてのモラルや常識等、貴方の心のスタンダードに反するレベル等を、きちんと把握した上で実行可能かどうかを判断出してゆきましょう。

3)ワクワクに固執する事無く、100%の貴方でワクワクを実行し、どんな”形式”で結果が運ばれてくるのかといった、”結果や答え”の形式を”仮定”しない
・これからやってくる”結果や答え”の形式を”仮定”してしまったり断定してしまうと、やってくる波動の通り道を狭めてしまう事になります。貴方の理性ではとうてい対処出来ない程の”高質な型”で”結果や答え”が戻ってくるのです。その事を今一度理解してゆく事が肝心でしょう。

・中には、ワクワクが実現する”必要”が無い場合もあるという事を理解してゆきましょう。その場合、ワクワクしている”貴方の状態”を造り出す事がメインの目的であり、貴方を前進させる”点火材料”となってワクワクが存在する事もある、という事を理解して下さい。

このように、ワクワクは貴方の人生の目的を達成する上で、必要不可欠な要素であるという事が理解出来るでしょう。この極めて重要な波動を追い求めるという事は、貴方をどこまでも”高み”へと運んでくれる事を意味しています。さぁ、一緒に歩んでゆきましょう!

2016年2月 5日 (金)

バシャール:ワクワクの方程式〜前半

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12125195486.html?frm_src=favoritemail

ワクワクの方程式は3つの項目に別れています。3つのワクワクの方程式を、100%のワクワクの波動内で実施すれば、以下の項目が副作用として貴方の元へと引寄せられてきます

*貴方が必要とする情報や知識、またはサポートを与え、貴方に必要な“豊かさ”を与えてくれます。
*貴方が前進する上で必要な、キッカケや”点火材料”を与えてくれます。
*どのタイミングで何をするか等、最適な”タイミング”を教えてくれます。
*最も抵抗感の少ない、なだらかな”道”を教えてくれます。
*その他に散らばる様々な”ワクワク”とのコネクションを確立してくれます。
*貴方では無い波動を浮き彫りにし、貴方の波動を”曇らせる”ネガティブな信念の存在を”照らして”くれます。
*貴方と関係のない波動を除去する手助けをしてくれます。


1)貴方が最高にワクワクする事柄を実施する

・ワクワクは、仕事やプロジェクトといった”形式”で引寄せられてくるとは限りません。あらゆる”形式”で引寄せられてくるので、時にはワクワクと関係無い事柄に感じられたとしても、心配する必要は全くありません。

・無限にある事柄から、よりワクワクする事柄を上手に選び出し、それを実施してゆきましょう。

・ワクワクとは、ハイヤーマインドからのメッセージです。そのメッセージを受けた貴方の、自然な”リアクション”であり、反応がワクワクというわけなのです。ですから、メッセージを受けたら、それを実施してゆきましょう。貴方のハイヤーマインドは、貴方が考えられない程、貴方を100%理解している存在です。
・ワクワクの波動に不安感が紛れ込んでいないか、貴方の心をモニターして下さい。微小の不安感であっても、小石を除けてあげる事が必要です。

・貴方のワクワクの発端が、恐怖や恐れによるものでないか、貴方の心をモニターして下さい。例えば、護身用に空手を習うだとか、病気が怖いから運動するだとか、ワクワクの発端が恐れによるもので無いかどうかを分析します。
 

2016年2月 4日 (木)

バシャール:ワクワクの方程式

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12124833678.html?frm_src=favoritemail

今まで33年間、バシャールはずっとワクワクについて説いてきました。これは私達地球文明に限らず、全ての生命体に当てはめる事が出来る、ベーシックな波動ですが、これだけ繰り返しワクワクについて解説されるのには、明白な理由があるからなのだとバシャールは話し始めます。

物質界に住む私達にとってワクワクは切っても切れない波動であると、バシャールは話します。ワクワクは、非物質界にフォーカスするもう一人の貴方である、ハイヤーマインドとの最高のコミュニケーション方法であり、”貴方”というピュアな波動そのものを表しています。ですから、ワクワクをないがしろにするという事は、貴方が知りうる最高の”知識”から遠のく事を意味しているのです。詰まり、貴方の心に起こる”興奮”は、ハイヤーマインドから、直接のメッセージを受け取っての反応というわけなのです。

ここで理解して欲しい事は、ワクワクの真の意味です。ワクワクは様々な”フィルター”を通して貴方の元へと伝達されてゆきます。例えば、愛、情熱、創造意欲、想像意欲、喜び、感謝といった波動で伝達されてゆきます。しかし、ハイヤーマインドからのメッセージの受け取り方が分からない、という人がいますが、それは、ワクワクがやってくる方法を断定してしまっている事にあるのだと、バシャールは話しています。要するに、宇宙の法則を信じきれていない事にあるのです。という事は、自分自身を信じきれていない事を意味しています。自分のパワーを信じれない人は、まず自分自身を強く信じる事が肝心となります。

次回は、バシャールがワクワクについて理解しやすいようまとめた記事をご紹介してゆきます。
 

2016年2月 3日 (水)

バシャール:最上の安らぎ (イルカ・クジラはわくわく波動)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12124488348.html?frm_src=favoritemail

イルカやクジラを見ると、何故だか感情的になって涙が出てきてしまう、といった不思議な体験をした事がある人は沢山いるでしょう。彼等の純粋な波動に触れた貴方は、高まる感情を抑える事が出来ない程の"歓喜”を覚える事があります。その理由の1つに、イルカやクジラは人類にとってとても身近な”家族”であるという事、そして我々地球人は、”無条件の愛”の元に彼等を純粋に”愛している事”にあるのだと、バシャールは説明しています。

イルカやクジラは私達と違って、何時も”ワクワク”の波動域にいる生命体であると、バシャールは話します。従って彼等の波動にシンクロするという事は、貴方の波動が上昇する事を意味しており、波動が上昇するという事は、ハイヤーマインドとの繋がりがより強化される事を意味しているのです。又、イルカやクジラの波動とシンクロした瞬間、多くの人達が味わう”感情”について、次の事が説明できます。

バシャール曰く、クジラやイルカの波動は、貴方がもともといた波動域へと”帰郷”した感覚を与えます、即ち、本当に心が安らぐ”家”へ戻ったような、”最上の安らぎ”を与えてくれるというわけなのです。また物質的、生物学的に説明すると、長年培ってきたネガティブな思考回路は、貴方の体内に”科学反応”を起こさるまでに成長してゆきます。これが所謂、ネガティブな信念の物質化(体内)を表しているのです。

イルカやクジラを使って本来の自分にシンクロ出来た貴方は、”涙”という物資を流す事で、体内の”科学物質”を浄化する事が出来るのだと、バシャールは話します。勿論、ネガティブな信念を手放す事も大切ですが、同じように、体内に宿る科学物質を体外へ出して上げる事も大切である、という事を理解してゆきましょうとバシャールは話します。
 

2016年2月 2日 (火)

輝く自分へ(ワクワクを新鮮に保つ)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12124098111.html?frm_src=favoritemail

結婚や仕事や趣味など、何に関して”もコミット(約束/契約)する時の貴方の”心の状態”がワクワクな波動(ピュアでポジティブ)であれば、シンクロによって必要な人や状況が引寄せられてくるという事は理解していると思います。要するに、貴方のワクワクが本当の貴方の知りたい事、やりたい事を”象徴している”のならば、宇宙(大いなる全て)が全面バックアップしてくれるというわけなのです。

しかし、自分のワクワクを実施したいのに、それを継続する事が難しく感じる事があります。例えば、愛する人と結婚したのは確かだけど、どうもワクワクしてこなくなっただとか、大好きで始めた仕事だけど、やる気が湧いてこないだとか、様々なシチュエーションによって、貴方のワクワクがワクワクでなくなる事があります。それは、ワクワクが無くなってしまったのでは無く、ワクワクに対する”アプローチ方法”が変わったという事が言えるのです。また、シチュエーションが好ましく無いシチュエーションであったりと、貴方のワクワクが問題だというよりも、実施する”環境”や”状況”が好ましく無いという事が考えられるのです。

 貴方のワクワクは、”素の貴方”の波動を物質界に置き換え、効果的に自分自身を”表現”する、唯一の”方法”であるとバシャールは説明しています。ワクワクは決して色あせてしまう事が無い変わりに、貴方の心に沿って、”アプローチ方法”を変化させてゆく事が出来るのです。”キー”は、ポジティブな側面に焦点を当てる事、そして、貴方のナビゲーション・システムである”感情”をモニターする事、これだけであるとバシャールは話します。ですから、貴方のワクワクを”新鮮”に保つには、貴方自身が新しい”風”を敏感に取り入れ、ポジティブな側面からどんどんアプローチ方法を編み出してゆく事にあるのだと、バシャールは話しているのです。

2016年2月 1日 (月)

バシャール:最終チェック

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12123711584.html?frm_src=favoritemail

2015年11月の始め、南カリフォルニア州上空で不思議なロケット弾の光のショーが目撃された事件がありましたが、この光は、ネバタ州やアリゾナ州にまで及んだと言われています。目撃した多くの人達は、長く尾を引くコメットのような光のショーと共に、UFOをも目撃したと話しています。ソシアルメディアやYoutubeで沢山の憶測が飛び交い、ニューエイジグループの中で大きな話題を呼んでいます。それについて、バシャールは以下のように答えています。

この光のショーは、米国海軍が後日発表したように”ミサイルテスト”によるものであると、バシャールは話します。しかし、このミサイルテストを異なる次元で観察していた高次的存在がいたのも、事実であると話します。詰まり、3次元密度では視覚できない、なんらかの存在を”感じた”人達が、”UFOをも目撃した”ように感じる事が出来たというわけなのです。

ミサイルテストを観察していた”高次的存在”は、ヤイエル文明であるとバシャールは断言しています。空の一点に意識を集める人達がどのように感じ、どのような”覚醒”を求めているのか、そして、どれだけ意識の準備が整っているのか、これから実施される事になっている”光のショー”の前に、私達の”あり方”を事前に知る必要があったというわけなのです。そしてこの観測を元に、”本命”となるイベントの最終チェックが練られてゆくというわけなのです。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »