« バシャール:自分に過保護に (=感情に正直に) | トップページ | バシャール:最大発揮 »

2016年1月30日 (土)

バシャール:感情のレイヤー(階層)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12123025260.html?frm_src=favoritemail

一般的に朝方3時頃が一番高波動を受け取り易い時間帯であると、バシャールは話します。この時間帯に瞑想をして意識をクリアにすると、感情の流れを敏感に感じる事があります。それは、高波動へ意識が上昇する際に”感情”のレイヤー(英:layerとは、積み重なっている状態、層、階層、断層などの意味)を突き抜ける事にあるのだと、バシャールは話しています。詰まり、その辺りに浮遊する”感情”のエッセンスを受け取る事で、突然の悲しみや喜びを味わったりする事があります。しかし、ここで注意して欲しい事は、これらの”感情”のレイヤーは貴方のものでは無い場合もあるという事です。

貴方の波動ではない”感情”を見分けるには、具体的なシチュエーションからネガティブな感情が湧くかどうかを測ってみる必要があります。ネガティブな感情が湧いてくるのであれば、ネガティブな信念が発端となっていると考えられますが、そうではなくてニュートラルな感情でいれるのであれば、その感情は貴方のものでは無い、という事が言えるのです。

感情”のレイヤーを突き抜けて波動が上昇すると、今度は穏やかな“心地よい”感情の流れに乗っかります。これが所謂(いわゆる)、チャネリングの最初の段階を意味しており、ガンマ波の高質な情報を”感情”という波動で認識する事にあると、話します。

地球文明は、様々な波動を”区分”して仕切る性質がある故、波動上昇する際にも、”段階”を踏まえて上昇してゆく方法が一般的であると、バシャールは話します。ですから、バランスの良い高波動まで上昇してゆくには、これらの仕切り(レイヤー)を1つ1つ通り過ぎてから、“大いなる全て”の無限の世界へと繋がる事が出来るというわけなのです。
 

« バシャール:自分に過保護に (=感情に正直に) | トップページ | バシャール:最大発揮 »

バシャール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/63140816

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:感情のレイヤー(階層) :

« バシャール:自分に過保護に (=感情に正直に) | トップページ | バシャール:最大発揮 »