« バシャール:アセンション (アセンションする基準は?) | トップページ | バシャール:私達のための社会 (2020年頃になって気づく) »

2015年10月 3日 (土)

バシャール:車線変更 (第三密度と第四密度の高速道路のたとえ)

http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12079919256.html?frm_src=favoritemail

現在徐々に高まる高次元のエネルギーは、今までの古いエネルギーを押しやって猛スピードで地球全体の波動を上昇させていると、バシャールは話します。そして今までの古いエネルギーと新しいエネルギーとの波動”ギャップ”は最高潮に達し、これからもっと二つの波動ギャップが大きく広がってゆくようになるのです。

高速道路で例えて話してみると、上り車線が新しいエネルギーで、下り車線が古いエネルギーだとします。3次元密度では、お互いにスピードが遅い分、下り車線側を運転していても上り車線側を運転している人と会話をしたり、会ったりする事が簡単に出来るだけでなく、反対車線にいる人と経験を共にする事も可能です。詰まり、3次元密度の世界は色んな波動がごちゃまぜに混合し、車線は1本2本と少なく、走行スピードも著しく遅い世界です。世界が混沌として秩序のバランスが悪く、事故や紛争が絶えません。

一方、高次元の世界では、お互いのスピードが早くなります。よって、反対車線にいるお互いの顔を見る事も話す事も出来なくなるだけでなく、
自分が存在する車線側は10車線、20車線と車線がどんどん追加され、更にスピードが増しているので、もはや反対車線を見る事も、反対車線がある事さえも確認する事が出来なくなるでしょうと、バシャールは話しています。これが所謂、地球の分離を表しているのです。

2015年以降から分離が始まり、列車は既に駅を離れていると、バシャールは話します。上の例えのように、時間が立つにつれて車線が増えてスピードが増し、貴方の”進路変更”はいよいよ困難になってくるでしょうと、話します。その前に、是非貴方の心にある”小石”を払い除けて、自分が進みたい車線側へと移動する事を強く進めますと、バシャールは話しています。一緒に新しい世界へ向かって歩んでゆきましょう!

« バシャール:アセンション (アセンションする基準は?) | トップページ | バシャール:私達のための社会 (2020年頃になって気づく) »

コメント

Thank you for the auspicious writeup. It in fact was a amusement account it. Look advanced to far added agreeable from you! By the way, how can we communicate? dddcebagddck

Very nice site!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208783/62400560

この記事へのトラックバック一覧です: バシャール:車線変更 (第三密度と第四密度の高速道路のたとえ):

« バシャール:アセンション (アセンションする基準は?) | トップページ | バシャール:私達のための社会 (2020年頃になって気づく) »